格安スマホをqi対応!ワイヤレス充電を可能にするには

スポンサーリンク
OCNモバイルONE
スマホ

この記事は、格安スマホをqi対応に改造し、ワイヤレス充電を可能にする方法について書きました。

Qi(ワイヤレス充電)とは、充電器のうえにスマホを置くだけで充電が開始される規格で、わずらわしい充電ケーブルから解放されます。

最近ではiPhone8からQi対応が始まりましたが、わたしが所有しているタブレット2013年ネクサス7もQiに対応していました。

しかし、わが家で最新モデルのzenfone4 selfie proはQiに対応していませんがQi化できるのでしょうか。

今回は、格安スマホをqi対応に改造し、ワイヤレス充電を可能にする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

格安スマホをqi対応!ワイヤレス充電を可能にする方法

まず家にある格安スマホ(SIMフリースマホ)をqi対応(ワイヤレス充電)ができるようにする改造法からいきましょう。

簡単に説明すると、SIMフリースマホにワイヤレス充電レシーバーを接続してqi充電できるようにするだけです。

ワイヤレス充電レシーバーを準備する

Qi充電を利用するにはQi充電器とワイヤレス充電レシーバーが必要で、スマホにレシーバーを接続することでQi化することができます。

つまりスマホをQi対応に改造するには、ワイヤレス充電レシーバーをUSBポートに差し込むだけでいいのです。

スマホをQi化したら、充電器の上に置くだけで充電が開始されます。

薄手のスマホカバーを装着すれば、レシーバーのカバーがひらひらすることもありません。

zenfone4 selfie proなら付属のシリコンカバーがぴったり合いそうです。

スマホをQi対応に改造してデメリットはないの?

ワイヤレス充電レシーバーを購入するまえにUSB端子の向きを確認しておきましょう。

USB端子の向きによっては、ワイヤレス充電レシーバーのシートがスマホの画面側にきてしまいます。

またワイヤレス充電レシーバーを使用しているあいだはUSBポートが使えません。

スマホのQi化は発熱など一抹の不安はあるけど

zenfone4 selfie proをQi化するのはmicrominiSDのワイヤレス充電レシーバーを購入すればQi改造できそうです。

ただ充電中に温度が上がった場合、発熱を回避する機能があるのか心配になりました。

いずれにしてもQi化したスマホの充電中は、異常に熱くなってないか確認は必要でしょう。

まとめ

  • Qi充電レシーバーをスマホ端末のUSB端子に接続するとワイヤレス充電化できる
  • Qi充電レシーバーは紙のようにペラペラ
  • Qi充電レシーバー接続の際にUSB端子の向きに注意

コメント

タイトルとURLをコピーしました