OCNモバイルONE MNP開通手続き!申し込みの流れと窓口

ocn モバイル oneへmnp・乗り換えの流れ OCN モバイル ONE

この記事ではOCNモバイルONEの音声SIMを、現在使っている携帯電話の電話番号のままで使うために「らくらくナンバーポータビリティ~MNP~」の手続き方法を解説します。

この記事の概要

簡単に流れを紹介すると、OCNモバイルONEの音声SIMをネットで申し込んだのちに、自宅に届いた音声SIMのMNP手続きを自分でおこなう流れを説明します。

開通作業の時間は30分もかからないので、慎重にやれば問題なくMNP開通が可能です。

今回は、キャリアケータイからOCNモバイルONEの音声SIMへMNPするケースでお話します。

OCNモバイルONE MNP開通手続き!申し込みの流れと窓口

まずOCNモバイルONEで音声SIMを注文するところから解説します。

OCNモバイルONE MNP開通手続きで事前に用意するもの

OCNモバイルONE MNP 必要な物
MNP予約番号は音声SIMが届いたあとの手続きで間に合います。

OCNモバイルONEの音声SIM申し込みは、本人確認書類クレジットカードがあればOKです。MNP予約番号は音声SIMが届いてから手続きすれば十分に間に合います。

  • 本人確認書類:運転免許証か健康保険証。
  • クレジットカード:これがないと購入できない。
  • MNP予約番号:乗り換え元で発行してもらう。今回ならキャリアケータイ。

OCNモバイルONEの音声SIM購入は、SIMカード単体スマホセットで購入する2パターンがあり、音声SIMの契約には本人確認書類とクレジットカードが必要です。

詳細は音声対応SIM 本人確認方法で確認してください。

MNPの手続きは音声SIMが自宅に届いてからおこないます。

窓口【音声SIMカードだけ】店舗の即日受渡カウンターで購入

即日受渡カウンター

すでにSIMフリースマホを持っていて、音声SIMカードを購入するなら即日受渡カウンターを利用すると手続きが簡単です。

お店に行くと店員スタッフの人がMNPの手続きをすべて行ってくれて、その場で電話が可能な状態の音声SIMを受け取ることができます。

即日受渡カウンターを利用するメリット
  • 店頭でスタッフと対面しながら各種手続きできる
  • 申し込み当日に音声SIMカードを手にできる
  • 使いたいスマホがOCNモバイルONEに対応しているか確認してもらえる

即日受渡カウンターの設置店はコチラから確認してください。

(例)広島県:ゲオ(東広島西条店、福山みどりまち店)、コジマ×ビックカメラ(イオンモール広島府中店、宇品店)、ビックカメラ(広島駅前店)

OCNモバイルONEへMNP開通手続きを申し込む

ocnモバイルone mnp

自宅に音声SIMが届いたら、さっそくMNPの申し込みをしましょう。

まず現在使用している携帯電話会社にMNP予約番号を聞き出し、OCNモバイルONEにMNPを申し込んで開通手続きをします。

これで格安スマホで今まで使っていた電話番号をそのまま使えます。

【知っておこう!】MNP予約番号には期限がある

mnp 予約番号 有効期限

現在使用している大手キャリアに発行していただいたMNP予約番号は15日間の期限があるので、その期限内にMNPの手続きをしなくてはなりません。

ところがOCNモバイルONEでMNPを行うにはMNP予約番号の期限が12日以上残っていることが条件なので、実質は大手キャリアからMNP予約番号を取得したら3日間で開通作業を行う必要があります。

OCNモバイルONEのMNPは3日以内に開通作業をする
  • MNP予約番号の期限:15日間
  • OCNモバイルONEのMNPに必要な期限:MNP予約番号の期限が12日以上残っていること。

実際の話、OCNモバイルONEのMNPは30分もかからないので当日開通しましょう。

MNP予約番号を予約する

mnp 予約番号

MNP予約番号は大手キャリアの場合、店頭お客様センターへ電話して申し込みます。

ソフトバンク
  • 受付窓口:最寄りのソフトバンクショップ(各店の営業時間内)
  • MNPお問い合わせ窓口:フリーコール 0800-100-5533(午前9時から午後8時)
AU
  • 受付窓口:最寄りのAUショップ(各店の営業時間内)
  • MNPお問い合わせ窓口:フリーコール 0077-75470(午前9時から午後8時)
ドコモ
  • 受付窓口:最寄りのドコモショップ(各店の営業時間内)
  • MNPお問い合わせ窓口:フリーコール 0120-800-000(午前9時から午後8時)

OCNモバイルONEでMNPの手続きをする場合は、MNP予約番号の期限が12日以上残ってることが条件なので、即日で手続きしましょう。

OCNモバイルONE MNPが開通するまでの時間

  1. WEBで音声SIMを注文する
  2. 自宅に音声SIMが到着
  3. MNP予約番号を発行し、OCNモバイルONEで開通の手続きをする
  4. 今まで使ってた携帯が不通になったら開通

OCNモバイルONEへMNPで乗り換えるときの注意点

最後に、OCNモバイルONEへのMNP乗り換えで疑問と解決をまとめました。

MNPの転出手数料が3000円以上になる条件は?

大手キャリアからOCNモバイルONEに乗り換えるとき、転出手数料3000円がかかりますが、2年の契約期間未満の解約だと転出手数料3000円に解約解除料がプラスされるのでMNPの転出手数料が10,000円以上になることもあります。

MNPの費用は6000円~10,000円以上になる?

大手キャリアから転出するときに手数料が3,000円、格安SIMへ転入するときは手数料が3,000円なので、MNP費用は約6,000円が必要になりますが、大手キャリアの場合は契約期間内の解約だとMNP費用が15,000円~20,000円くらいまで必要になるケースもあります。

MNPに最適のタイミングとは?

まず大手キャリアから転出するときは2年の長期契約が終わるころを狙いましょう。契約更新月は大手キャリアのWEBサイトで確認できます。

契約更新月以外でMNPを申し込むと契約解除料が必要になるので大手キャリアのWEBサイトで必ず確認しましょう。

口座振替はできなくなった

OCNモバイルONEの申し込みにはクレジットカードが必要です。これは公式サイトでもクレジットカードの支払いのみとハッキリ宣言しています。

ただクレジットカードをお持ちでない方は、カスタマーズフロント「0120-506506」へご相談くださいとあります。確認していませんがクレジットカードを持てない人でも、相談次第で口座振替に出来るのかもしれません。

OCNモバイルONEのMNP転入は簡単!

OCNモバイルONE MNP転入の流れについて解説してきましたが、私自身ソフトバンクからOCNモバイルONE加入まで難しい点はなくスムーズに契約できました。

ZENFONE4のアンドロイドスマホと月賦で購入できましたし、ガラケーから格安スマホにして良かったと思いますね。

クレジットカードがあればOCNモバイルONEのMNP転入と最近流行りのスマホを分割購入できるのでオススメですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました